アズマイチゲ

Anemone raddeana 東一崋 別名:ウラベニイチゲ
双子葉植物 離弁花類 キンポウゲ科イチリンソウ属
高さ15〜30cm
花:花びらに見えるのは萼で8〜13枚で白色、薄紫のこともある、直径3〜4p、3〜5月

《名前の由来》 一つの植物体に先に一つだけ花をつける事から「一崋」で 関東に多く見られるので「東」 だと思う。だが分布範囲は北海道から九州までと広い。

ちょっと離れたお寺のお墓の土手で
アズマイチゲ
'11.04.06

葉が垂れ下がっていて
キクザキイチゲのように細かく切れ込みがはいっていない。
アズマイチゲ
'11.04.06

花びらのように見えるのは萼
アズマイチゲ
'11.04.06

家の近くの山裾の水路のほとりに すごく大きくなった花が
アズマイチゲ
'11.04.14

図鑑によると花被片(ガク)の数は8〜13個とあったが 19個ぐらいある。それでもアズマイチゲでいいと思うけれど??
ガクの基部は紫色を帯びるそうだ。そう言われるとそんな感じだけれど良く見ていなかった

アズマイチゲ
'11.04.14

茎葉 垂れている。鋸歯の先がとがらない。
3小葉にわかれて3枚が輪生
アズマイチゲ
'11.04.14

根生葉 2回3出複葉
アズマイチゲ
'11.04.14

つぼみ
アズマイチゲ
'11.04.14